情報セキュリティに対しての自己診断をしてみましょう!

内閣サイバーセキュリティセンターの診断チェックよりいくつか掲載してみます!
参照先サイト 『みんなでしっかりサイバーセキュリティ』

 

 
(問1)
新しく購入したパソコンやスマートフォンの利用環境設定時に、情報セキュリティ対策として行うべき対応のうち、最も適切な選択肢はどれでしょう?

  1. ウイルス対策ソフトを導入する他、起動画面にもパスワード設定を行う
  2. ウイルス対策ソフトは導入せず、起動画面にパスワードを設定する
  3. 信頼できる製造メーカーの製品を購入しているため、特に対策は必要ない

 

答えはここをクリック
 

 

 

 
(問4)
パソコンやスマートフォンのOSやソフトウェアに発見された情報セキュリティ上の欠陥を修正せずに放置した場合に考えられる状況は、どの選択肢でしょうか?

  1. ウイルス対策ソフトを導入していれば、情報セキュリティ上の欠陥を修正しなくてもウイルスに感染することはない
  2. OSやソフトウェアに見られる情報セキュリティ上の欠陥は、対策を打たなくても時間の経過とともに自然と修復される
  3. ウイルス感染の危険性が増大する

 

答えはここをクリック
 

 

 

 
(問8)
金融・財産情報が、他人から盗み取られないように、日頃から注意すべき行動として間違っている選択肢はどれでしょうか?

  1. ネットバンキングを利用した後は、入力した履歴を削除するよう心がけている
  2. ネットバンキング用のログインパスワードは、忘れると困るので、生年月日や、同じ数字を連続したものを使い続けることにしている
  3. 金融機関を名乗り、口座番号やクレジットカードの有効期限、暗証番号の入力を促すメールが届いたとき、安易にそれらの情報を入力しないよう注意している

 

答えはここをクリック
 

 

 

 
(問13)
デジタルコンテンツの入手(ダウンロード)に際して、注意することとして間違っている選択肢はどれでしょうか?

  1. 気になるファイルは全てとりあえずダウンロードして、後でファイルに保存されて いる情報を確認するようにする
  2. ファイルの提供元の名前や事業内容を確認してからダウンロードを行う
  3. ウイルス対策ソフトのパターンファイルを最新の状態に保っていることを確認した うえで、ファイルにウイルスチェックをかける

 

答えはここをクリック
 

 

 

 
(問14)
電子メールの受信に関して、注意すべき観点として間違っている選択肢はどれでしょうか?

  1. 知らないアドレスから届く電子メールに添付されているファイルは、安易に開かな いように注意する
  2. 電子メールの送信元のアドレスに覚えのないときには、返信して相手の名前や自分 との関係を聞く
  3. 覚えのないアドレスから届く電子メールは、友人や知人からのアドレス変更通知以 外に、悪意のあるメールが含まれているかもしれないと考える

 

答えはここをクリック